リンガスキル ビジネス スピーキング対策: 初心者が陥りがちな間違い | ビジネス英会話をオンラインで学ぶならモーンパルにお任せを。

日常英会話・ビジネス英会話はオンライン英会話スクールモーンパル!
お電話でのお問合せ
HOME >レッスン内容 >スピーキング/ライティング対策 >linguaskill対策 >スピーキング対策 >初心者が陥りがちな間違い

リンガスキル ビジネス スピーキング対策: 初心者が陥りがちな間違い


リンガスキルスピーキングの受験者が、陥りがちな共通のミスをして、求めているスコアを取得できないケースがよくあります。このようなミスは対策をしていれば防ぐことができます。下記に初心者がよく失敗するミスを6つ紹介します。

1. 解答が短すぎる

これは、Part 1, Part 2, Part 3でよく見られます。多くの受験者は、ただ質問に回答するだけで十分だと思っています。Part 1では、受験者は、それぞれの質問に対してさらに細かい点を解答するとよいでしょう。例えば、もし質問が、“Do you travel a lot?”であれば、その答えは、“Yes, I do” あるいは “No, I don’t という解答では短すぎます。行ったことのある国について付け加えたり、あるいは”No”の理由を説明しておくのもよいでしょう。

Part 3では、もし質問が、“When your last meeting was” であったなら、“It was yesterday”と言うだけでは不十分です。昨日実施した打合せの詳細について付け加えましょう。例えば、“It was yesterday. There were five people in that meeting”. などです。理想的には、各々の質問に対して、少なくとも2つ以上の文章で解答することが望ましいです。

Part 5では、それぞれの質問に20秒以内で解答しなければなりません。受験者はまずは質問に対してダイレクトに解答することが必要ですが、例えば、“What advertising strategy would be effective for our new product?”という質問に対して、“Television advertising is useful” では不十分です。 “It has a wider customer reach compared with other strategies”を追加するとより表現が広がります。時間が足りないからといって、短文で回答を済ますのではなく、制限時間内で、できるだけ多く話すように心掛けましょう。なぜなら、スピーキングテストでは、話した内容に基づいてスコアリングされるからです。

2. 同じ文章やアイデアを繰り返してしまう

あるアイデアや文章が繰り返し話してしまうと、それは受験者の語彙不足を示すことになってしまいます。受験者が制限時間までにただ回答を伸ばすためだけに文章を繰り返すことはよくある誤りです。アイデアを更に説明する方法を考えてみましょう。説明する際に、2つのオプションがあります。一つは例を提供すること、二目はアイデアについての長所、短所を話すことです。

3. 語彙が限られている

語彙が限られている受験者は、十分に考えを説明することできません。そのため、回答が短くなり同じ文章を繰り返しがちになってしまいます。B2レベルを達成するには、語彙を増やさなければなりません。また、よく出題されるシチュエーションに関係が深い用語に詳しくなることも助けになります。例えば、Part 3では、もしそのシチュエーションがミーティングであれば、“agenda”, “discuss”, “issue”, “resolve”のような用語が使えます。

4. はっきりと話していない

覚えておかなくてはいけない最も重要なことの一つは、声が録音されているということです。それ故に声を調整することが必要になってきます。Part 2では、受験者は文章を読まなければなりません。読みは明確でなければならず、単語は明瞭に発音される必要があります。アルファベットの一文字一文字の音や、ポーズにも気を使う必要があります。試験に望む前に、1-2の英語のパラグラフを読み、声を録音して聞いてみましょう。もし自分で話した内容を自分で理解することができないとしたら、リーディングについてかなり練習をする必要があります。試験の前にリーディングの練習をすることは、語彙を増やすという意味でも効果があります。

5. ビジネスの経験があまりない

リンガスキルのスピーキングテストは全体を通してビジネスシーンを中心に展開されており、仕事の内容、同僚、会社、上司などについて質問されます。仕事に関係するトピックに詳しくなることが必要になってきます。もし出題されたビジネスシチュエーションの経験がない場合、場面を想像して回答を作成するしか選択肢はありません。

6. 自信を持って話していない

どんな試験においても、受験者は自信を持って試験に望むことが必要です。スピーカーとして、 自信のなさが出てしまってはいけません。試験の前に緊張することは普通のことですが、緊張しすぎて、試験を解ききることができなかったり、頭が真っ白になってしまうことには気をつけましょう。試験にはできるだけリラックスして臨むように心掛けます。

上記6個の陥りがちな間違いは、受験者がよく失敗するケースのごく一部です。試験でうまくいかない原因は受験者のレベルにもより、その原因に対して対策を施すことが必要です。 試験の前にサンプルテストを解いて、それぞれのパートに慣れ親しんでおきましょう。試験に慣れておくことで、試験中のプレッシャーを下げ、リラックスして試験に臨むことができます。

モーンパルでは、生徒様のレベルに合わせた指導およびアドバイスを行います。ぜひ、モーンパルの授業で、目標スコアの達成を目指してください。

Linguaskill Businessスピーキング対策コースの詳細はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【初心者向けガイド】はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【B2レベルを達成するために】はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【各パートの出題問題、コツと勉強法】はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【パート1の攻略法】はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【パート3の攻略法】はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【パート4の攻略法】はこちら

リンガスキル ビジネス スピーキング対策コラム: 【パート5の攻略法】はこちら

Linguaskill Businessコースの詳細はこちら

Linguaskill Businessライティング対策コースの詳細はこちら

新規登録はこちら

ログイン

英会話レッスンについて
モーンパルの講師について
FAQ
お問合せ
SKYPEダウンロード
Registration
Teachers login
© 2021 モーンパル All Rights Reserved.